シンポジウム「21世紀型スキルを育む、プログラミング教育の可能性」

東京大学(本郷キャンパス:東京都文京区本郷)で5月15日に「21世紀型スキルを育む、プログラミング教育の可能性」というシンポジウムが行われました。コードアカデミー高等学校もプログラミング教育の実践事例について発表を行いました。

東京大学シンポジウム写真⑤.jpg

各教育機関の報告やパネルディスカッション等、プログラミング教育の先駆者たちの取り組みに、会場を埋め尽くした参加者からは熱い視線が向けられていました。

※コードアカデミー高校は、日本初のプログラミング必修の広域制通信制高校です。インターネットを活用して自分のペースで学びながら高校卒業を目指します。

本校がある長野県に加えて、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏各都県、愛知、岐阜、三重の中京各県、大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良の近畿各府県の生徒もともに学んでいます。

そんな、コードアカデミー高等学校に興味のある方、お問合せ・資料請求は→こちらから